リフォームでユニットバスに

ユニットバスと言われ連想する浴室として、トイレや洗面台が一緒になったタイプをイメージする方が多いかもしれませんが、ユニットバスの定義は風呂、トイレが一緒になったものという意味ではありません。



本来は、壁や天井浴槽などのパーツを向上で組み立て、それを設置するタイプの浴室を総称してユニットバスと呼び、もちろん風呂とトイレが別のタイプもあります。

現在日本で最も多く設置されてる浴室のタイプがこれにあたります。

そのメリットとして、第一に工期が非常に短いことが挙げられます。
工場でほとんど完成状態まで仕上げて、後は設置するだけなのでリフォームをするにあたって、浴室が使えない日が少ないというメリットが挙げられます。
さらに、浴室一つをまるまる空間としてのデザインが完成しているため、ショールームなどでみる実物のものと寸分違わぬものが手に入ります。

壁、天井、浴室をそれぞれ購入し、組み合わせていくデザインではなく一つの空間としてデザインされているため、そのまとまり感も非常に高いものとなっています。
さらに、サイズも計算されているので、非常に気密性が高く、保温性能に優れた空間に仕上がります。
しかし、リフォームでユニットバスを検討するにあたって、そのサイズが障害になることがあります。

日本経済新聞の情報探しをお手伝い致します。

家の中で浴室にあたるスペースにそのサイズが適合しない場合設置はできません。



なので、浴室リフォームでユニットバスを設置される場合はその寸法をしっかり確認しなければなりません。


top