ユニットバスのリフォームを検討してみましょう

毎日のように利用する空間である浴室は、水回りの中でも劣化の激しい部分です。


常に湿気のある状態にさらされており、水漏れによる腐食などで基礎の部分までダメージが発生している状態になっている場合もあります。
住宅全体に影響が及ぶ危険性もありますし、カビの発生などによって異臭がするなど不衛生な状態ともなりますので、早急にリフォームを検討することをおすすめします。



現在使用中の浴室がタイル張りの在来工法であっても、旧式のユニットバスであっても、最新式のユニットバスへのリフォームが最もおすすめです。

日本経済新聞情報をお伝えします。

ユニットバスは必要である設備が全て一体化となっている構造であるために工期が短く済み、断熱性能が高いために冬場の気温差によるヒートショックの発生も防止することができるというメリットもあります。


工事費用や本体費用を合算しても、リーズナブルな価格に抑えることのできるモデルもありますので、導入の市やすさという観点においてもユニットバスの優位性は揺るぎないものであるといえるでしょう。
一般的な工期は、在来工法からのリフォームであれば3日から1週間程度、既存設備がユニットバスであるという場合には2日から3日程度で完了します。工事費に関しては前者の場合は50万円から80万円、後者の場合では20万円から30万円が相場価格帯となっています。



現場の状況や設置する設備のグレード、大きさによっても違いがありますので、複数のリフォーム業者から見積もりを取るなどをして費用面での検討を行うことがおすすめです。

top